HOME >> 健保のしくみ >> 保険給付いろいろ >> 出産費資金貸付制度について
本人または被扶養者が出産したとき

   

出産費資金貸付制度について


出産費資金貸付制度とは
 

出産育児一時金・家族出産育児一時金の支給を受けられるまでの間、出産の支払いに充てるための資金を貸付し、安心して出産を迎えられるようお手伝いする制度です。

 
対象者
 
ブラザー健康保険組合(以下ブラザー健保)の被保険者(被保険者であった者で資格喪失後6ヶ月以内に出産予定の者を含む)または被扶養者で、出産育児一時金(家族出産育児一時金)の支給を受けられる方で、次の(1)もしくは(2)に該当する方
(1) 出産予定日まで1ヶ月以内の方
(2) 妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを必要とする方
貸付額
  ブラザー健康保険組合は、出産育児一時金の8割相当額を貸し付けしています。
貸付金は無利子で、振込手数料を差し引くことはありません。
申込の方法
  「出産費貸付金貸付申込書PDFダウンロード」 と、「出産費貸付金借用書PDFダウンロード」 に必要事項を記入し、添付書類とともに事業所の人事担当(ブラザー工業は各職場の庶務)へ提出してください。
添付書類… ●上記「対象者」の(1)の方
→ 妊娠証明書等の出産予定日を証明する書類(母子手帳の写しなど)
●上記「対象者」の(2)の方
→ 医療機関が発行した出産費用の請求書(写し)又は領収書(写し)
この貸付により、出産者が出産予定日前6ヶ月以内にブラザー健保以外の資格がある場合、従前加入の保険に対しては、資格喪失後の出産育児一時金申請をすることができません。 ブラザー健保への申請のみとなります。
貸付方法
  ブラザー健保は「出産費貸付金貸付申込書」を受理したときは、速やかに審査し、貸付の可否および貸付金額を決定します。
貸付決定
ブラザー健保→ 申込者が指定した金融機関口座へ振込み、「出産費貸付金振込通知書」を送付します。
申込者→ 「出産費貸付金振込通知書」を受領したときは、ご指定された金融機関口座に振込みがされているかご確認ください。
貸付不適当
ブラザー健保→ 「出産費貸付金貸付申込書類返戻通知書」により、関係書類を貸付申込者へ返戻します。
返済(精算)方法
 
(1) まず、出産後にブラザー健保に「被保険者・家族出産育児一時金支給請求書PDFダウンロード 記入例ダウンロード」 を申請してください。
(2) ブラザー健保理事長があなたの代理で出産育児一時金を受け取り、その一部を返済金に充当します。
(3) 精算のうえ残った額は、ブラザー健保が直接、指定金融機関口座に振込みます。
(4) 「出産費貸付金借用書」を返戻します。
その他
 
届出事項
  貸付申込者は申込を行った後、貸付金の返済が完了するまでに「出産費貸付金借用書」に記入した住所・氏名に変更が生じたとき、または資格喪失したときは速やかにブラザー健保に申し出てください。
即時償還
  貸付を受けた者(借受人)が偽りの申込みまたは不正に手段により貸付を受けたと認められるときは、直ちに貸付金の全額を返済しなければなりません。
出産育児一時金が不支給となった場合
  貸付金に係る出産育児一時金(家族出産育児一時金)が不支給となったときは、期日を指定して貸付金の全額を返済しなければなりません。

ページ内の、PDFダウンロード(届出・申請用紙)記入例ダウンロード(記入例)PDF形式です。クリックしていただくと、ご自由にお使いいただけます。[ ]内はファイルサイズを示しています。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat

被保険者の皆様へ
各申請書等は事業所の人事担当経由で提出して下さい。 (ブラザー工業については各職場の庶務経由)