HOME >> 健保のしくみ >> 保険給付いろいろ >> 立替払いをしたとき
立替払いをしたとき
 次のような場合、一旦、本人が診療費を全額支払い、あとで健康保険組合負担分を請求し、払い戻しを受けることになります。
健保組合負担分
義務教育就学前まで 8割
義務教育就学後〜69歳 本人・家族ともに7割
70歳以上75歳未満 現役並み所得者 7割
一般(上記以外) 8割
ただし、誕生日が昭和19年4月1日以前の方は9割
なお、入院時の食事にかかる標準負担額は自己負担となります。

   療養費とは・・・医療費の全額を立て替えし、ブラザー健康保険組合が「やむを得ない事情があると認めたとき」払い戻しが受けられます。
保険給付には2〜3カ月ほど要しますのでしばらくお待ちください。
● 保険証不携帯等 
 急病などで保険証を持たずに診療を受けるときや、やむを得ず非保険医にかかる場合は、一旦、自分で診療費を全額支払い、あとで健康保険組合から払い戻しを受けることが出来ます。この場合、保険医療費を基準にして、かかった費用が健康保険組合から支給されます。
提出書類…→ 「療養費支給申請書」PDFダウンロード [17KB] PDFダウンロード [156KB]
→
「診療〔調剤〕報酬明細書 (レセプトというもの)」
注) 領収(診療)明細書等とは異なります
のでご注意ください。
→
「領収書」の原本

● 治療用装具等(コルセット・ギプス等) 
  治療用装具等が治療に必要なとき、その標準的な費用が支給されます。ただし、定められた耐用年数期間内は再支給できません。

提出書類…→ 「療養費支給申請書」PDFダウンロード [17KB] PDFダウンロード [156KB]
→
「療養費支給申請別紙」PDFダウンロード [83KB] PDFダウンロード [548KB]
→
「医師の意見書」の原本
→
「作成した明細の分かる領収書」の原本
   
● 小児弱視等の治療用眼鏡等
  9歳未満の小児の治療用眼鏡の購入について、健康保険が適用されます。
 
   
 四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等 
  四肢のリンパ浮腫治療のための弾性ストッキング、弾性スリーブ、弾性グローブ、弾性包帯について、平成20年4月1日から、保険適用(療養費支給)の対象となりました。
   
● 輸血
  病院を通じて生血液を買って輸血した場合その代金が支給されます。家族が輸血した場合は支給されません。
 
● 海外で急な病気等にかかった診療の費用
  出向、出張、旅行等により海外で診療を受けた場合、健康保険法に基づき診療費の一部を健康保険組合へ請求することができます。日本国内で保険診療として認められている医療行為に限り、日本の健康保険法に基づいて査定、給付致します。

提出書類…→ 健康保険組組合へお問い合わせください。
 
● 柔道整復師の施術代
   骨折等で柔道整復師にかかったときの費用が支給されます。ただし、医師の同意を受け所属する柔道整復師協会と都道府県知事との間に受療委任協定のできている柔道整復師にかかったときは保険証を使い一部自己負担でうけられます。
詳しくはこちら>>>

 
● はり・灸・あんま・マッサージの費用
  平成30年10月1日から、鍼灸師・あん摩マッサージ師の施術料は全額(10割)窓口でお支払いいただき、医師の同意をうけ、健康保険が適用される場合は支給されます。
 
提出書類…→ 「療養費支給申請書〈はりきゅう用〉PDFダウンロード [197KB] PDFダウンロード [402KB]
→
「療養費支給申請書〈あん摩マッサージ用〉PDFダウンロード [200KB] PDFダウンロード [406KB]
→
「医師の意見書」の原本
→
「作成した明細の分かる領収書」の原本


ページ内の、PDFダウンロード(届出・申請用紙)PDF形式です。クリックしていただくと、ご自由にお使いいただけます。[ ]内はファイルサイズを示しています。
PDFファイルを見るためには、Adobe(R) Acrobat(R) Readerが必要です。 お持ちでない場合は、右のアイコンをクリックしてダウンロード(無償)してください。
Acrobat

被保険者の皆様へ
各申請書等は事業所の人事担当経由で提出して下さい。 (ブラザー工業については各職場の庶務経由)